所属馬情報

2018年08月14日

ムーンアルテミス

オーバーペースにならないようにじっくりと乗り込まれています。
ムーンアルテミスには菅原騎手が騎乗して調教をつけて下さいました
菅原騎手



イラストリアスとクワイエット

クワイエットのスピード感ある走り
イラストリアスもだいぶ集中して走れるようになってきてますね


(グリーンマイルトレーニングセンター 8月7日撮影)

(09:30)

2018年08月10日

スイーツビュッフェ(サイモンドルチェ16)とストリーク(メイショウセイカ16)

2頭ともに迫力のある走りで、力強く坂路をかけあがっています!

この日はスイーツビュッフェを管理する中川調教師も同馬の状態確認にこられていました。

「順調ですね」と師も笑顔で話してましたので、あとは暑さと番組次第で入厩のスケジュールも見えてくるのではないでしょうか

(ファンタストクラブ 8/7撮影)

(17:45)

2018年08月01日



16年産世代の先陣を切ってデビューし、出資者の皆様に競馬場で走る姿をいち早く見せてくれたオルオル
次走が待ち遠しいですが、もうしばらくじっくり成長をそくしていくとの事です。
小ぶりながらもご覧の通りの好馬体ですし、まだまだ成長の余地を多分に残した体つきなので、
今後の成長が楽しみです

そしてユメノハジマリ、オルオルに続いて本日グリームロータスが無事入厩致しました。
取材時ちょうど検疫馬房に入っており会う事ができませんでしたが、外傷の影響も長引かずに入厩を迎えられて良かったです。
まずはトレセンの環境に慣れる事、そしてゲート試験をスムーズにクリアして欲しいと思います!

北海道組も引き続き順調で、特にストリークとムーンアルテミスは既に募集も締め切りっておりますので、あとは移動を待つのみではありますが、今年は記録的猛暑。
厩舎も暑さの推移に注視しながら移動のタイミングを探っている状態です。

特に2歳馬は本州の暑さ未経験ですから、トレセンへの初めての長距離輸送に加えての猛暑は、2歳の若馬にはいささか酷な事でもあり、一度夏バテで体調を崩してしまうと立て直しにも時間がかかりますので、焦らずに今北海道で過ごしている事が各馬にとってデビューの近道になると思います。
出資者の皆様愛馬のデビューを心待ちにして頂いてるかと思いますが、ご理解いただけますと幸いです。

サイモンドルチェ16、ミスマリーン16、スパイクラベンダー16につきましても8月10日を出資申込締め切りとさせて頂いておりますのでご検討中のお客様は締め切りにご注意下さいませ。。
皆様のご出資お待ちしております。






(21:00)

2018年07月13日

長期休み明けから復帰して3戦、掲示板まであと少しと頑張って走ってくれたダッシングブルーですが
少し夏バテぎみとの事で、ヤナガワSに放牧に出ております。

取材時たまたま蹄鉄をつけているところでした。




なかなか目にする機会がありませんが、競走馬がレースに出走するまでに色々な方に関わって頂いている事を実感します。


話が変わりますが、先日2歳馬の命名者となられた皆様に命名証書をお送り致しました。
デビューを迎えたオルオル号の命名者様にはデビュー戦のゼッケンも一緒にお送りしております。
他の馬達も無事にデビューを迎えましたらデビュー戦のゼッケンは命名者様にお送りさせて頂く予定です。(騎手のサインがない場合がございます)
無題

ちなみに通常レースゼッケンは出資者の方に抽選でプレゼントしております。
レース出走日の次の金曜日まで、HPのプレゼントフォームかハガキ・FAXにてご応募受け付けております。
愛馬が出走の際には是非ご応募下さい



(16:44)

2018年07月06日

前回の記事でも出走予定をお伝えしておりましたが
オルオル(ニュープロローグ16)の出走が確定致しました!

7/8㈰ 福島6R メイクデビュー福島 藤田菜七子騎手騎乗です
16年産募集馬の中でも一番体が小さいオルオルが一番最初にデビューを迎える事になりました。

遅生まれでまだまだ背も伸びそうな馬体ですから成長の余地が多分にありそうな本馬ですが、
2歳夏の早いタイミングでデビュー戦を迎えられる事は嬉しい限りです。

まずは無事に走り切る事、そして勝利を目指して頑張ってほしいです


さて、先日7/3㈫ 八戸市場が開催され、クラブとしても参加しておりました。
結果を見ますと昨年比で売却率、平均価格はほとんど変わらなかったようですが、
頭数が少ないせいでしょうか、見栄えのする馬に集中して注目が集まり価格も高くなった印象です。

DSC_0002_3

クラブとしても1歳馬のラインナップに加えられればと、何頭かピックアップして狙っておりましたが、想定よりも高くなったため落札には至りませんでした。

DSC_0003_2

最高落札額になったのは新種牡馬リアルインパクトの牝馬で税込み831.6万円でした。

エピファネイア、キズナ、ゴールドシップ等、今年は注目の新種牡馬が目白押しですから
この先の1歳市場においても新種牡馬の産駒が注目を集めそうです




(15:44)